自動車税は毎年5月に請求されます!

自動車税は毎年5月に請求されます!

自動車税は毎年4月1日を基準日とし、その時点での車両保有者に対して課される税金です。都道府県の管轄によって納税通知書が送付され、5月31日までに所定額を納める必要があります。

事務的な処理等の関係から送付自体が5月になる事が多く、実質的に5月に請求・支払の必要のある税金となります。

またこの時の納付においては、当年4月から翌年3月までの税金を一括納付する事になります。

その為、自動車税は以下のようなケースに該当する場合、以下のような特殊な扱いをする事になります。

まず、4月1日以降に自動車の購入が為されたケースを挙げる事が出来ます。
この場合、法によって翌月分からの自動車税を月割にして次の3月分まで納める事になります。

そしてこの時に限っては、納税は新車登録時となります。
次の4月1日まで当該車両を保有していた場合、そこからは通常の5月支払いに移行する事になります。

次に挙げられるのが、既に自動車税を納めた車両を廃車・抹消したケースです。
この場合には前述のケースとは逆に、翌月分以降の自動車税が還付される仕組みになっています。

そして最後に挙げられる且つ、最も注意すべきケースなのが自動車を売却する場合です。

この場合は売却を年度途中で考え出したり、売却手続きを進めている段階で4月1日を経過した場合、その時点で保有権のある売却側に自動車税の支払い義務が生じます。

一方で購入者側は既に自動車税が支払われた車両を引き継ぐので、当該年度の税負担義務は法的には生じない事となります。

従ってこの場合は売却側が5月に支払いを済ませた後、所有権の移転時期に合わせた応分の金銭を売却額に上乗せするといった形で、実質的な負担額の相殺を行う必要が生じる訳です。

カテゴリー:車にかかるお金