自動車保険も車のランニングコストになります

自動車保険も車のランニングコストになります

自動車保険には強制保険である自賠責と、自動車の所有者が任意で加入する任意保険とがあり、自賠責だけではすべての事故に対応が出来ないことから、通常は任意保険にも加入をするものです。

この任意保険はその名前のとおり、保険会社などが販売をしているものであり、どの保険会社に加入しても任意保険として一定の賠償などの対応はしてもらえるようにはなります。

ここの契約如何というわけです。
申し込み方法は様々ありますが、最近では対面式で申し込むケースは少なく、通販型やネット申し込み型が多くなってきています。

これには理由があり、任意保険の保険料を少しでも安くしたいという加入者側の事情が働いているとされ、対面式の保険の場合はそれだけ人件費がかかってしまうため、保険料が割高になりやすい傾向があるとされているところです。

こうした事情から、人件費の削減等による保険料を抑えられるということで、通販型やネット申し込みによる自動車保険への加入が多くなってきたという経緯があります。

自動車保険では通販型やネット申し込み型のものは、価格競争が激しくなり、また国内の自動車運転者数が今後減少していくと見られ、結果として少しずつ市場が縮小していくことが確実であると見られています。

したがって、今後もサービス内容、契約内容等の充実等による見直しや価格競争が激しくなることは避けられません。

いずれ、価格競争等で敗れたところは吸収合併等で徐々に統廃合が進んでいくと考えられています。

加入する側からすれば、どの任意保険に加入しようとも、万が一の場合にしっかりとした対応がなされれば問題がないわけで、保険会社による競争は保険料のさらなる下落などを招き、結果として利用者にとっていいことでしょう。

カテゴリー:車にかかるお金